日本で唯一の知的財産翻訳能力認定専門機関
特定非営利活動法人(NPO) 日本知的財産翻訳協会主催

第25回 知的財産翻訳検定試験
<第12回英文和訳><第1回中文和訳><第1回独文和訳>
2017年10月29日(日)実施

●受付期間●2017年8月21日(月)10:00〜10月23日(月)17:00

申し込みボタン

※お申込をされる方は、上記受付期間中に上のボタンをクリックして、申込画面よりお申込ください。

■『知的財産翻訳検定』とは■

『知的財産翻訳検定』とは、日本で唯一の知的財産翻訳能力認定専門機関である特定非営利活動法人(NPO)日本知的財産翻訳協会(通称“NIPTA”)が2004年12月より実施した特許翻訳試験で、知的財産翻訳の中心である特許明細書などの知的財産に関する翻訳能力を客観的に測るための検定試験です。『知的財産翻訳検定』には、以下の特長があります。

  • 全国どこからでも受験が可能な電子メール(Eメール)を利用した検定試験です
    ※必須ソフト:Microsoft Word
    ※<英文和訳>1級認定候補者には面接があります。

    <英文和訳>
  • 1級、2級、3級の3つの級別出題により、すでに知財翻訳実務に携わっている方から学習者まで幅広く受験に挑んでいただけます。

  • 分野
    【1級】(1)知財法務実務、(2)電気・電子工学、(3)機械工学、(4)化学、(5)バイオテクノロジー/記述式。1級合格候補者には面接試験有。(プロレベル)
    【2級】技術選択なし/記述式。(準プロレベル)
    【3級】技術選択なし/記述+選択式問題。(入門レベル)
     ※春季は和文英訳、秋季は英文和訳。(3級の選択問題については日英混合)

    <中文和訳>
    技術選択なし/記述式

    <独文和訳>
    技術選択なし/記述式

  • 試験時間
    【午前】
     1級〈化学、機械工学〉:9:00〜12:00 (3時間)
     3級:9:00〜11:00 (2時間)
    【午後】
     1級〈知財法務実務、バイオテクノロジー、電気・電子工学〉:14:00〜17:00 (3時間)
     2級:14:00〜17:00 (3時間)
     中国語、ドイツ語:14:00〜17:00 (3時間)

    ※試験日時は日本時間で行われます。
    ※第16回試験より、午前・午後の級・分野で併願受験ができるようになりました。
    ※第21回試験より、3級試験が午前の部に変更になりました。
    ※第25回試験より、試験言語に中文和訳と独文和訳を追加いたしました。


    ●受験料(税込)●
    受験料は、受験言語および受験級により異なります。
    <英文和訳>
    【1級】 15,000円
    【2級】 10,000円
    【3級】 5,000円
    <中文和訳>
    10,000円
    <独文和訳>
    10,000円

    ※NIPTA(当協会)正会員(個人・団体)および大学生は、一般受験料より20%割引させていただきます。
    ※振り込み手数料はご自身でご負担いただきます。
    ※一度納入された受験料は、当日受験されなかった場合でも返却いたしませんので予めご了承ください。

  • 各級合格者には認定証を交付し、<英文和訳>1級合格者は本人の了解を得た上で当協会および  関連のウェブサイトに氏名ならびに答案を公表。また、<英文和訳>1級と2級、<中文和訳>、<独文和訳>の受験者には、今後の指針となるような評価コメントを送付。3級受験者には、合否結果を通知。

    試験の概要等詳細は以下「1.概要」・「2.要項」等をご覧ください。

1.試験の概要      2.検定実施要項      3.試験の構成・内容

このウィンドウ・タブを閉じる