【日本知的財産翻訳ジャーナル】
本ジャーナルは協会(NIPTA)機関誌として、会員の皆様に知的財産翻訳にまつわる情報の提供を目的として、毎月1回発行しているものです。

バックナンバーの販売価格(1号あたり)

  • 会員  500円
  • 一般 1000円 
※上記の価格に別途送料がかかります。
※お支払い方法は、銀行振り込みとなります。なお、振り込み手数料は自己負担となります。
※第13〜17号は在庫がございません。
※「知的財産翻訳ジャーナル」は2013年11月号より電子ブック化によるメール配信となっております。

購入お申込みは、事務局へE-mailもしくはFAXにて 日本知的財産翻訳協会(NIPTA)事務局へ、下記事項をお知らせください。折り返し、事務局よりご注文確認のご連絡を差し上げます。

連絡先E-mail:bureau(at)nipta.org 
※迷惑メール防止のため@を(at)と表示しております。お手数ですが、メール送信の際は(at)の部分を@に変更して頂けますようお願いいたします。

連絡先FAX:03-5909-1189

  • 協会(NIPTA)会員か(会員であれば会員名)非会員かをお知らせください。
  • ご注文バックナンバー号数
  • ご注文部数
  • お名前
  • お届け先ご住所(2013年10月号以前の紙媒体をご購入の方)
  • ご請求先宛名
  • ご連絡可能なe-mailアドレス、ファックス番号、お電話番号等



  • 掲載内容一覧

    【第140号(2017.2)】
    • <巻頭言>
      知財とAI の悪夢
      (NIPTA 理事 特許業務法人オンダ国際特許事務所 会長・弁理士 恩田 博宣)

    • 米国特許判例対訳研究(86)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 否定文と肯定文(1)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 知的財産翻訳検定1 級合格にあたり
      (第23 回知的財産翻訳検定試験<第11 回英文和訳> 1 級「電気・電子工学」合格者
      坂野 岳久)

    • 先使用権制度の円滑な活用に向けて(3)− 先使用権ガイドライン −
      (日本大学大学院知的財産研究科 教授 加藤 浩(青山特許事務所 顧問弁理士))

    • NIPTA TOPICS
      第24回知的財産翻訳検定〈第13回和文英訳〉実施のお知らせ




    【第139号(2017.1)】
    • <巻頭言>
      Telework の時代
      (日本知的財産翻訳協会理事長 石井 正)

    • 米国特許判例対訳研究(85)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 主観的な表現(10)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • ドイツ語特許翻訳の世界(7)
      (トランスユーロ株式会社 代表取締役 加藤 勇樹)

    • 知的財産翻訳検定1 級合格にあたり
      (第22 回知的財産翻訳検定試験<第12 回和文英訳> 1 級「機械工学」合格者
       第23 回知的財産翻訳検定試験<第11 回英文和訳> 1 級「機械工学」合格者
      WIS 知財コンシェル株式会社 翻訳事業部 部長 湯浅 豊裕)

    • 先使用権制度の円滑な活用に向けて(2)− 先使用権ガイドライン −
      (日本大学大学院知的財産研究科 教授 加藤 浩(青山特許事務所 顧問弁理士))


    【第138号(2016.12)】
    • <巻頭言>
      理系文系融合教育×語学教育=♪♪♪
      (常務理事・事務局長 株式会社知財コーポレーションCEO 浜口 宗武)

    • 米国特許判例対訳研究(84)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 「配線」に該当する英単語
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • ドイツ語特許翻訳の世界(6)
      (トランスユーロ株式会社 代表取締役 加藤 勇樹)

    • 知的財産翻訳検定試験に纏わる体験記
      (第22 回知的財産翻訳検定試験<第12 回和文英訳> 1 級「化学」合格者
      籔野 美由紀)

    • 修辞(レトリック)法に基づく技術英文作成法(7)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学, 東京工業大学(科学技術英語)非常勤講師
      博士(工学) 興野 登)

    • 先使用権制度の円滑な活用に向けて(1)− 先使用権ガイドライン −
      (日本大学大学院知的財産研究科 教授 加藤 浩(青山特許事務所 顧問弁理士))

    • NIPTA TOPICS
      第23 回知的財産翻訳検定試験< 第11 回英文和訳> 結果報告


    【第137号(2016.11)】
    • <巻頭言>
      パリ協定COP21 批准と企業・国民による環境保全の取り組み
      (NIPTA 理事 株式会社野毛印刷社 常務取締役 北澤 三郎)

    • 米国特許判例対訳研究(83)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 主観的な表現(9)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • ドイツ語特許翻訳の世界(5)
      (トランスユーロ株式会社 代表取締役 加藤 勇樹)

    • 知的財産翻訳検定試験に纏わる体験記
      (第22 回知的財産翻訳検定試験<第12 回和文英訳>「電気・電子工学」1 級合格者
      株式会社MK翻訳事務所 加納 淳子)

    • 職務発明ガイドライン(4)− 特許法35 条6 項の指針 −
      (日本大学大学院知的財産研究科 教授 加藤 浩(青山特許事務所 顧問弁理士))

    • NIPTA TOPICS
      NIPTAセミナーのご案内 〜特許和英翻訳講座−化学編〜


    【第136号(2016.10)】
    • <巻頭言>
      翻訳は難しい
      (NIPTA 副理事長 日本弁理士会副会長 本多國際特許事務所 弁理士 本多 敬子)

    • 米国特許判例対訳研究(82)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 主観的な表現(8)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • ドイツ語特許翻訳の世界(4)
      (トランスユーロ株式会社 代表取締役 加藤 勇樹)

    • 知的財産翻訳検定試験に纏わる体験記
      (第22 回知的財産翻訳検定<第12 回和文英訳> 1 級「電気・電子工学」合格者
      フリーランス翻訳者 中野 絵里子)

    • 職務発明ガイドライン(3)− 特許法35 条6 項の指針 −
      (日本大学大学院知的財産研究科 教授 加藤 浩(青山特許事務所 顧問弁理士))


    【第135号(2016.9)】
    • <巻頭言>
      「日本翻訳の日」を定めみんなで祝おう!
      (NIPTA常務理事・事務局長 (株)知財コーポレーション CEO 浜口 宗武)

    • 米国特許判例対訳研究(81)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 主観的な表現(7)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 修辞(レトリック)法に基づく技術英文作成法(6)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学,東京電機大学非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • ドイツ語特許翻訳の世界(3)
      (トランスユーロ株式会社 代表取締役 加藤 勇樹)

    • 職務発明ガイドライン(2)− 特許法35 条6 項の指針 −
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩(青山特許事務所 顧問弁理士))

    • NIPTA TOPICS
      第23回知的財産翻訳検定〈第11回英文和訳〉実施のお知らせ


    【第134号(2016.8)】
    • <巻頭言>
      「言(はなしことば)」「文(かきことば)」不一致の記=こうしまるやさいいち=
      (NIPTA 理事 株式会社エイバックズーム 代表取締役 堀部 茂遠)

    • 米国特許判例対訳研究(80)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 主観的な表現(6)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • ドイツ語特許翻訳の世界(2)
      (トランスユーロ株式会社 代表取締役 加藤 勇樹)

    • 改正特許法35 条6 項の指針(1)− 職務発明ガイドライン −
      (日本大学大学院知的財産研究科 教授 加藤 浩 (青山特許事務所 顧問弁理士))

    • NIPTA TOPICS
      第23回知的財産翻訳検定〈第11回英文和訳〉実施のお知らせ


    【第133号(2016.7)】
    • <巻頭言>
      こんなに意味が違う中国語と日本語の漢字
      (NIPTA 理事 三協国際特許事務所 会長・弁理士 小谷 悦司)

    • 米国特許判例対訳研究(79)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 主観的な表現(5)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 修辞(レトリック)法に基づく技術英文作成法(5)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学, 東京工業大学(科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • ドイツ語特許翻訳の世界(1)
      (トランスユーロ株式会社 代表取締役 加藤 勇樹)

    • 特許・実用新案 審査基準の全面改訂(7)− 第W部〜第Y部 −
      (日本大学大学院知的財産研究科 教授 加藤 浩 (青山特許事務所 顧問弁理士))

    • NIPTA TOPICS
      第22回知的財産翻訳検定試験< 第12回和文英訳> 結果報告

    【第132号(2016.6)】
    • <巻頭言>
      知的財産翻訳の今後
      (NIPTA理事 特許業務法人深見特許事務所 会長弁理士 深見 久郎)

    • 米国特許判例対訳研究(78)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記)友野 英三)

    • 特許分野における機械翻訳(下)
      (アイキット国際特許商標事務所 所長・弁理士 遠藤 朱砂)

    • 主観的な表現(4)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 修辞(レトリック)法に基づく技術英文作成法 (4)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学, 東京工業大学(科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • 特許・実用新案 審査基準の全面改訂(6)− 第V部 特許要件 −
      (日本大学大学院知的財産研究科 教授 加藤 浩(青山特許事務所 顧問弁理士))

    • NIPTA TOPICS
      6 月1 日開催、第13 回通常総会で承認された報告事項の概要

    【第131号(2016.5)】
    • <巻頭言>
      ISO17100:2015 の認証制度と翻訳会社の動向
      (一般社団法人日本翻訳連盟 代表理事・会長 株式会社翻訳センター 代表取締役社長 東 郁男)

    • 特許翻訳の基本的留意点(6)
      (NIPTA 副理事長 久遠特許事務所代表 弁理士 Ph.D. 奥山 尚一)

    • 米国特許判例対訳研究(77)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記)友野 英三)

    • 主観的な表現(3)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 特許・実用新案 審査基準の全面改訂(5)− 第V部 特許要件 −
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS
      NIPTAセミナーのご案内 特許和英翻訳講座-基礎編

    【第130号(2016.4)】
    • <巻頭言>
      特許翻訳ビジネス雑感
      (NIPTA常務理事・事務局長 (株)知財コーポレーション CEO 浜口 宗武)

    • 米国特許判例対訳研究(76)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 主観的な表現(2)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 特許分野における機械翻訳(中)
      (アイキット国際特許商標事務所所長・弁理士 遠藤 朱砂)

    • 特許・実用新案 審査基準の全面改訂(4)-第V部 特許要件-
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 青山特許事務所 顧問弁理士 加藤 浩)

    • 日本の司法通訳・翻訳業界の国際化に向けて
      (第14 回知的財産翻訳検定<第8 回和文英訳>、第21 回知的財産翻訳検定<第10 回英文和訳> 1 級「知財法務実務」合格者
      TMI 総合法律事務所、日本司法通訳士連合会執行委員 田 佳花)

    • 知的財産翻訳検定1 級合格にあたり
      (第21 回知的財産翻訳検定< 第10 回英文和訳>1 級「機械工学」合格者
      株式会社 IP エージェント 勤務 福岡 圭司)

    • NIPTA TOPICS
      2016 年度事業計画・暫定予算を承認〜 NIPTA 2015 年度第3 回理事会〜

    【第129号(2016.3)】
    • <巻頭言>
      米国の特許制度が揺れている
      (NIPTA副理事長 久遠特許事務所代表 弁理士 Ph.D. 奥山 尚一)

    • 米国特許判例対訳研究(75)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 主観的な表現(1)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 特許翻訳の基本的留意点(5)
      (NIPTA副理事長 久遠特許事務所代表弁理士 Ph.D. 奥山 尚一)

    • 修辞(レトリック)法に基づく技術英文作成法 (3)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学、東京工業大学
      (科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • 特許・実用新案 審査基準の全面改訂(3)-第U部 明細書・特許請求の範囲-
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 知的財産翻訳検定1 級に合格して
      (第21 回知的財産翻訳検定<第10 回英文和訳>1級「化学」合格者
      化学メーカー勤務(契約社員) 深見 美恵)

    • 知的財産翻訳検定1級を受験して
      (第21 回知的財産翻訳検定<第10 回英文和訳>1級「電気・電子工学」合格者
      会社員 上井 邦彦)

    • NIPTA TOPICS
      平成28 年度開催予定セミナー一覧

    【第128号(2016.2)】
    • <巻頭言>
      日本人としての「アイデンティティ」を失ってはいけない
      (日本知的財産翻訳協会理事 日本アイアール株式会社取締役 矢間 伸次)

    • 米国特許判例対訳研究(74)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(23)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 特許分野における機械翻訳(上)
      (アイキット国際特許商標事務所所長・弁理士 遠藤 朱砂)

    • 特許・実用新案 審査基準の全面改訂(2)-第U部 明細書・特許請求の範囲-
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS
      第22回知的財産翻訳検定〈第12回和文英訳〉実施のお知らせ

    【第127号(2016.1)】
    • <巻頭言>
      人工知能の時代に
      (日本知的財産翻訳協会理事長 石井 正)

    • 米国特許判例対訳研究(73)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(22)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 特許翻訳の基本的留意点(4)
      (NIPTA副理事長 久遠特許事務所代表弁理士 Ph.D. 奥山 尚一)

    • 修辞(レトリック)法に基づく技術英文作成法 (2)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学、東京工業大学
      (科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • 特許・実用新案 審査基準の全面改訂(1)-第T部 審査総論-
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS
      事務局からご投稿のお願い

    【第126号(2015.12)】
    • <巻頭言>
      弁理士業界について
      (NIPTA 理事 特許業務法人オンダ国際特許事務所 会長・弁理士 恩田 博宣)

    • 米国特許判例対訳研究(72)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(21)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 特許翻訳の基本的留意点(3)
      (NIPTA副理事長 久遠特許事務所代表弁理士 Ph.D. 奥山 尚一)

    • ノーベル賞と特許 大村智先生の研究を中心に 
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS
      第21回知的財産翻訳検定試験 < 第10回英文和訳> 結果報告

    【第125号(2015.11)】
    • <巻頭言>
      誤訳問題について
      (NIPTA 理事 田端知財コンサルティング 代表 田端 泰廣)

    • 米国特許判例対訳研究(71)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(20)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 修辞(レトリック)法に基づく技術英文作成法 (1)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学、東京工業大学
      (科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • 知財翻訳検定のすすめと沖縄・福島
      (第20 回知的財産翻訳検定1級「化学」合格者 クオリティ翻訳株式会社 代表取締役 坂井 正明)
    • 平成27 年・営業秘密管理指針の全面改訂(2)
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    【第124号(2015.10)】
    • <巻頭言>
      商標、グローバルドシエと翻訳
      (NIPTA副理事長 日本弁理士会副会長 大野総合法律事務所 弁理士 中村 仁)

    • 米国特許判例対訳研究(70)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(19)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 特許翻訳の基本的留意点(2)
      (NIPTA副理事長 久遠特許事務所代表弁理士 Ph.D. 奥山 尚一)

    • 知的財産翻訳検定1 級合格までの歩み
      (第18回、第20回知的財産翻訳検定1級合格者 特許業務法人中部国際特許事務所 篠田 篤典)
    • 平成27 年・営業秘密管理指針の全面改訂(1)
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    【第123号(2015.9)】
    • <巻頭言>
      夢を追う
      (NIPTA 理事 株式会社エイブス 取締役社長 阿部 淳一)

    • 米国特許判例対訳研究(69)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(18)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 平成27 年・知的財産法改正E− 不正競争防止法の改正(2) −
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 我国古来未曽有の新法なれば(9)
      神田孝平と高橋是清−明治21 年特許條例成立における「審判制度と司法権」−
      元老院会議筆記にみる議論(その5/最終回)
      (NIPTA 理事/(株)エイバックズーム代表取締役 堀部 茂遠)

    • NIPTA TOPICS
      特許文書機械翻訳競演11月26日JTF翻訳祭目玉イベント

    【第122号(2015.8)】
    • <巻頭言>
      中小企業のCSR活動について
      (NIPTA 理事 株式会社野毛印刷社社長付・CSR 担当 北澤 三郎)

    • 米国特許判例対訳研究(68)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • かざす(2)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 技術英文作成に求められるルールと句読法 (9[完])
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学、東京工業大学
      (科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • 平成27 年・知的財産法改正D− 不正競争防止法の改正(1) −
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 特許翻訳の基本的留意点(1)
      (NIPTA副理事長 久遠特許事務所代表弁理士 Ph.D. 奥山 尚一)

    • NIPTA TOPICS
      第21回知的財産翻訳検定試験<第10回英文和訳> 開催のご案内

    【第121号(2015.7)】
    • <巻頭言>
      「翻訳」と私の人生
      (TransPerfect Japan 上席顧問 山根 信成)

    • 米国特許判例対訳研究(67)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • かざす(1)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 技術英文作成に求められるルールと句読法 (8)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学、東京工業大学
      (科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • 平成27 年・知的財産法改正C− シンガポール条約に関連する商標法改正 −
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 我国古来未曽有の新法なれば(8)
      神田孝平と高橋是清−明治21 年特許條例成立における「審判制度と司法権」−
      元老院会議筆記にみる議論(その4)
      (NIPTA 理事/(株)エイバックズーム代表取締役 堀部 茂遠)

    • NIPTA TOPICS
      第20 回知的財産翻訳検定試験< 第11 回和文英訳> 結果報告

    【第120号(2015.6)】
    • <巻頭言>
      佐藤一斎の教え
      (NIPTA 理事 三協国際特許事務所 会長・弁理士 小谷 悦司)

    • 米国特許判例対訳研究(66)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(17)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 平成27 年・知的財産法改正B− 特許法条約に関連する特許法改正 −
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS
      6月4日開催、第12 回通常総会で承認された報告事項の概要

    【第119号(2015.5)】
    • <巻頭言>
      「自助論」に見る言葉と語感− CHAPTER XI− SELF CULTURE
      150 年前の英語と日本語 その現代語抄訳
      (NIPTA理事 (株)エイバックズーム 代表取締役 堀部 茂遠)

    • 米国特許判例対訳研究(65)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(16)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 平成27 年・知的財産法改正A− 特許料金等の改定 −
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 我国古来未曽有の新法なれば(7)
      神田孝平と高橋是清−明治21 年特許條例成立における「審判制度と司法権」−
      元老院会議筆記にみる議論(その3)
      (NIPTA 理事/(株)エイバックズーム代表取締役 堀部 茂遠)

    • NIPTA TOPICS
      NIPTAセミナーのご案内〜特許和英翻訳講座 基礎編〜

    【第118号(2015.4)】
    • <巻頭言>
      インドネシア知財事情
      (NIPTA常務理事 株式会社知財コーポレーション社長 浜口 宗武)

    • 米国特許判例対訳研究(64)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(15)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 技術英文作成に求められるルールと句読法 (7)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学、東京工業大学
      (科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • 平成27 年・知的財産法改正@− 職務発明制度の改正 −
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS
      2015 年度事業計画・暫定予算を承認〜 NIPTA 2014 年度第3 回理事会〜

    【第117号(2015.3)】
    • <巻頭言>
      知的財産翻訳の経験から
      (NIPTA 理事 特許業務法人深見特許事務所 会長弁理士 深見 久郎)

    • 米国特許判例対訳研究(63)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(14)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 技術英文作成に求められるルールと句読法 (6)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学、東京工業大学
      (科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • 知的財産権のグローバル化O〈欧州編A〉
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 我国古来未曽有の新法なれば(6)
      神田孝平と高橋是清−明治21 年特許條例成立における「審判制度と司法権」−
      元老院会議筆記にみる議論(その2)
      (NIPTA 理事/(株)エイバックズーム代表取締役 堀部 茂遠)

    • NIPTA TOPICS
      平成27 年度開催予定セミナー一覧

    【第116号(2015.2)】
    • <巻頭言>
      特許ハーモの終焉
      (NIPTA副理事長 久遠特許事務所 代表弁理士 Ph.D.奥山 尚一)

    • 米国特許判例対訳研究(62)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(13)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 知的財産権のグローバル化N〈欧州編@〉
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 知的財産翻訳検定1級を受験して
      第19 回知的財産翻訳検定<第9回英文和訳>1級「知財法務実務」合格者
      フリーランス翻訳者 加納 美奈

    • NIPTA TOPICS
      第20回知的財産翻訳検定開催のお知らせ
    【第115号(2015.1)】
    • <巻頭言>
      電子出願・回顧
      (日本知的財産翻訳協会理事長  石井 正)

    • 米国特許判例対訳研究(61)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(12)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 知的財産権のグローバル化M〈米国編A〉
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 我国古来未曽有の新法なれば(5)
      神田孝平と高橋是清−明治21 年特許條例成立における「審判制度と司法権」−
      元老院会議筆記にみる議論(その1)
      (NIPTA 理事/(株)エイバックズーム代表取締役 堀部 茂遠)

    • NIPTA TOPICS
      NIPTA主催セミナーのご案内
      「米国はアンチパテントへ向かうのか」講師:石井 正/奥山 尚一

    【第114号(2014.12)】
    • <巻頭言>
      ISOにおける翻訳関連規格の進捗状況のご報告
      (NIPTA理事 一般社団法人日本翻訳連盟会長
        株式会社翻訳センター 代表取締役社長 東 郁夫)

    • 米国特許判例対訳研究(60)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(11)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 知的財産権のグローバル化L〈米国編@〉
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS
      第19回知的財産翻訳検定試験〈第9回英文和訳〉結果報告
    【第113号(2014.11)】
    • <巻頭言>
      グレースピリオドの動向
      (NIPTA理事長 武和国際特許事務所 弁理士 高見 和明)

    • 米国特許判例対訳研究(59)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(10)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 我国古未来曽有の新法なれば(4)
      (NIPTA理事 株式会社エイバックズーム 代表取締役 堀部 茂遠)

    • ノーベル賞と特許(2)
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    【第112号(2014.10)】
    • <巻頭言>
      グローバルドシエと機械翻訳
      (NIPTA副理事長 日本弁理士会副会長
        特許業務法人 高田・高橋国際特許事務所 代表 弁理士 高橋 英樹)

    • 米国特許判例対訳研究(58)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(9)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 技術英文作成に求められるルールと句読法(4))
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学、東京工業大学(科学技術英語  非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • ノーベル賞と特許(1)
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 特許翻訳と知的財産翻訳検定
      (第18回検定1級(電気・電子)合格者 鈴木 亮吉)

    • NIPTA TOPICS
      近刊図書「特許翻訳の実務」のご案内
    【第111号(2014.9)】
    • <巻頭言>
      事務部門の効率化
      (NIPTA理事 特許業務法人オンダ国際特許事務所 会長・弁理士 恩田 博宣)

    • 米国特許判例対訳研究(57)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(8)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 平成26年知的財産法の改正(4)
      −平成26年・商標法改正と今後の影響−
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 我国古未来曽有の新法なれば(3)
      (NIPTA理事 株式会社エイバックズーム 代表取締役 堀部 茂遠)

    • 知的財産翻訳検定1級を受験して
      (第18回検定1級(電気・電子)合格者 形部 喜一)

    • NIPTA TOPICS
      NIPTA主催セミナーのご案内
    【第110号(2014.8)】
    • <巻頭言>
      「翻訳会社の売る仕組み」を考える
      (NIPTA理事 TransPerfect Japan Division President 山根 信成)

    • 米国特許判例対訳研究(56)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(7)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 技術英文作成に求められるルールと句読法(3)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学、東京工業大学
      (科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • NIPTA TOPICS
      第18回知的財産翻訳検定<第10回和文英訳>結果報告
    【第109号(2014.7)】
    • <巻頭言>
      敵性特許
      (NIPTA理事 株式会社野毛印刷社社長付 北澤 三郎)

    • 米国特許判例対訳研究(55)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(6)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 技術英文作成に求められるルールと句読法(2)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学、東京工業大学
      (科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • 平成26年知的財産法の改正(3)
      −平成26年・商標法改正と今後の影響−
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 我国古未来曽有の新法なれば(2)
      (NIPTA理事 株式会社エイバックズーム 代表取締役 堀部 茂遠)

    • NIPTA TOPICS
      第19回知的財産翻訳検定<第9回英文和訳>試験のご案内
    【第108号(2014.6)】
    • <巻頭言>
      中国大連で技術翻訳者を育てています
      (NIPTA監事 株式会社エイブス 取締役社長 阿部 淳一)

    • 米国特許判例対訳研究(54)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 技術英文作成に求められるルールと句読法(1)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学、東京工業大学
      (科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • 特許翻訳のよくある間違い(5)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 平成26年知的財産法の改正(2)
      −平成26年・意匠法改正と今後の影響−
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS
      6月3日開催、第11回通常総会で承認された報告事項の概要
    【第107号(2014.5)】
    • <巻頭言>
      他言語と互換性が取れる日本語であれば翻訳品質は高まる
      (NIPTA理事 日本アイアール株式会社 取締役 矢間 伸次)

    • 米国特許判例対訳研究(53)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(4)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 平成26年知的財産法の改正(1)
      −平成26年・特許法改正と今後の影響−
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 我国古未来曽有の新法なれば(1)
      (NIPTA理事 株式会社エイバックズーム 代表取締役 堀部 茂遠)

    • NIPTA TOPICS 特許翻訳講座−基礎編のご案内
    【第106号(2014.4)】
    • <巻頭言>
      産業翻訳の中での特許翻訳
      (NIPTA常務理事・事務局長 株式会社知財コーポレーション社長 浜口 宗武)

    • 米国特許判例対訳研究(52)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(3)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 冠詞の概念と科学技術英語における活用法(6)最終回
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学、東京工業大学
      (科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • 知的財産権のグローバル化(12)−著作権の保護−
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS 2014年度事業計画・暫定予算を承認
    【第105号(2014.3)】
    • <巻頭言>
      発明者は第二の造物主なり
      (NIPTA理事 株式会社エイバックズーム 代表取締役 堀部 茂遠)

    • 米国特許判例対訳研究(51)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(2)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 知的財産権のグローバル化(11)−植物品種の保護−
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 知的財産翻訳検定1級を受験して
      (第17回知的財産翻訳検定<第8回英文和訳>1級 化学合格者
        フリーランス特許翻訳者 折笠 雄一)

    • NIPTA TOPICS 平成26年度開催予定セミナー一覧
    【第104号(2014.2)】
    • <巻頭言>
      地球一周の船旅を終えて
      (NIPTA理事 三協国際特許事務所 会長・弁理士 小谷 悦司)

    • 米国特許判例対訳研究(50)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳のよくある間違い(1)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 冠詞の概念と科学技術英語における活用法(5)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学、東京工業大学(科学技術英語)非常勤講師
       博士(工学)興野 登)

    • 知的財産権のグローバル化(10)−地理的表示の保護−
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • ベトナムにおける知的財産翻訳体制の現状
      (グリーンサンコンテンツ 会長 グエン ミン ヴィエト)

    • NIPTA TOPICS 第18回知的財産翻訳検定<第10回和文英訳>試験のご案内
    【第103号(2014.1)】
    • <巻頭言>
      ボランティア活動と私
      (NIPTA副理事長 尾上 道雄)

    • 米国特許判例対訳研究(49)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(67)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 冠詞の概念と科学技術英語における活用法(4)
      (ハイパーテック・ラボ代表 中央大学、東京工業大学(科学技術英語)非常勤講師
       博士(工学)興野 登)

    • 知的財産権のグローバル化(9)−営業秘密の保護−
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS 事務局から新年のご挨拶と会勢拡大のためのご協力のお願い
    【第102号(2013.12)】
    • <巻頭言>
      検定試験の受験の意義と勧奨の受験方法
      (NIPTA理事 特許業務法人深見特許事務所 会長弁理士 深見 久郎)

    • 米国特許判例対訳研究(48)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(66)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 知的財産権のグローバル化(8)−国際的な商標保護(2)
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 中国大連以北で日中特許翻訳 教育事業の実現性について
      (NIPTA常務理事 株式会社知財コーポレーション社長 浜口 宗武)

    • 知的財産翻訳検定1級受験を通して
      (第16回知的財産翻訳検定<第9回和文英訳> 1級「機械」合格 梅川 千晴)

    • NIPTA TOPICS 第17回知的財産翻訳検定試験<第8回英文和訳>結果報告
    【第101号(2013.11)】
    • <巻頭言>
      特許翻訳におけるミラートランスレーションとは
      (NIPTA副理事長 日本弁理士会副会長 共栄国際特許商標事務所副所長
       弁理士 田中 達也)

    • 米国特許判例対訳研究(47)
      (弁理士 特定侵害訴訟代理業務付記 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(65)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 冠詞の概念と科学技術英語における活用法(3)
      (ハイパーテックラボ代表 中央大学、東京工業大学 (科学技術英語)非常勤講師
       博士(工学)興野 登)

    • 知的財産権のグローバル化(7)−国際的な商標保護(1)
      (日本大学大学院 知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS 第17回知的財産翻訳検定試験<第8回英文和訳>実施報告
    【第100号(2013.10)】
    • <巻頭言>
      多言語社会の課題と挑戦
      (NIPTA理事長 石井 正)

    • 中国における特許翻訳の現状と問題点
      (林達劉グループ 北京林達劉知識産権研究所 北京林達劉知識産権代理事務所
       劉新宇、孫徳崇、葉鵬、雷雨三)

    • 韓国における知的財産翻訳体制の現状
      (株式会社KPS 代表取締役社長 パク キョン ファン)

    • タイにおける知的財産翻訳の環境と機械翻訳の可能性
      (S&I インターナショナル・バンコク・オフィス 社長 井口 雅文)

    • インド特許出願における翻訳に関する法律や規則
      (株式会社サンガムIP 代表取締役 インド国特許弁理士 バパット・ヴィニット)

    • 特許翻訳のこれまでと将来
      (NIPTA副理事長 前日本弁理士会会長
       久遠特許事務所 共同代表 弁理士 Ph.D. 奥山 尚一)

    • NIPTA TOPICS NIPTA、「仮認定NPO」を取得
    【第99号(2013.9)】
    • <巻頭言>
      ミシガン・メソッドとルールベースの作文術
      (NIPTA副理事長 久遠特許事務所 共同代表 弁理士 ph.D. 奥山 尚一)

    • 米国特許判例対訳研究(46)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記)友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(64)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 冠詞の概念と科学技術英語における活用法(2)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学、東京工業大学(科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • 知的財産権のグローバル化(6)−国際的な意匠保護(2)−
      (日本大学大学院知的財産研究科 教授 加藤 浩)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(64)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS 第17回知的財産翻訳検定<第8回英文和訳>試験ご案内
    【第98号(2013.8)】
    • <巻頭言>
      ISOにおける翻訳規格策定の流れ
      (NIPTA理事 一般社団法人日本翻訳連盟会長
       株式会社翻訳センター 代表取締役社長 東 郁男)

    • 米国特許判例対訳研究(45)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記)友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(63)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(63)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS
       「知的財産翻訳ジャーナル」電子ブック化に伴う電子メールアドレス登録について
      (お願い)
    【第97号(2013.7)】
    • <巻頭言>
      出願戦略について
      (NIPTA理事 名古屋商科大学大学院教授 小林 行司)

    • 米国特許判例対訳研究(44)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記)友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(62)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 冠詞の概念と科学技術英語における活用法(1) (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学、東京工業大学(科学技術英語)非常勤講師 博士(工学) 興野 登)

    • 知的財産権のグローバル化(5)−国際的な意匠保護(1)−
      (日本大学大学院知的財産科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS 「知的財産翻訳ジャーナル第100号記念号」広告ご出稿のお願い
    【第96号(2013.6)】
    • <巻頭言>
      小善は大悪に似たり、大善は非情に似たり
      (NIPTA理事 特許業務法人オンダ国際特許事務所会長・弁理士 恩田 博宣)

    • 米国特許判例対訳研究(43)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記)友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(61)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 知的財産権のグローバル化(4)−国際的な特許活用(2)−
      (日本大学大学院知的財産科 教授 加藤 浩)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(62)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS 6月4日に開催の第10回通常総会で承認された報告事項の概要

    【第95号(2013.5)】
    • <巻頭言>
      M&Aを経験して
      (NIPTA理事 Trans Perfect Japan Division President 山根 信成)

    • 米国特許判例対訳研究(42)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記)友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(60)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(25)完
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学、東京工業大学(科学技術英語)非常勤講師 博士(工学)興野 登)

    • 知的財産権のグローバル化(3)−国際的な特許活用(1)−
      (日本大学大学院知的財産科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS 2013年6月以降開講 研修一覧

    【第94号(2013.4)】
    • <巻頭言>
      特許翻訳について
      (NIPTA常務理事 (株)知財翻訳研究所社長 浜口宗武)

    • 米国特許判例対訳研究(41)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記)友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(59)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(24)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学、東京工業大学(科学技術英語)非常勤講師 博士(工学)興野 登)

    • 知的財産権のグローバル化(2)−国際的な特許保護−
      (日本大学大学院知的財産科 教授 加藤 浩)
    • NIPTA TOPICS 2013年度事業計画・暫定予算を承認 NIPTA2013年度 第3回理事会

    【第93号(2013.3)】
    • <巻頭言>
      多良間島の八月踊り
      (NIPTA理事 株式会社野毛印刷社社長付 北澤 三郎)

    • 米国特許判例対訳研究(40)
      (弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記)友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(58)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(23)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学、東京工業大学(科学技術英語)非常勤講師 博士(工学)興野 登)

    • 知的財産権のグローバル化(1)−国際的な特許保護−
      (日本大学大学院知的財産科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS 平成25年度開催予定セミナー一覧

    【第92号(2013.2)】
    • <巻頭言>
      成長著しい中国知財翻訳市場を見据えて大連へ
      (NIPTA監事 阿部 淳一)

    • 特許翻訳の現場から(57)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(22)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学、東京工業大学(科学技術英語)非常勤講師 博士(工学)興野 登)

    • 知的財産人材の育成と大学院の役割(2)
      (日本大学大学院知的財産科 教授 加藤 浩)

    • NIPTA TOPICS 第16回知的財産翻訳検定(和文英訳)のご案内

    【第91号(2013.1)】
    • <巻頭言>
      文化溢れる情報発信国家へ
      (NIPTA理事長 石井 正)

    • 米国特許判例対訳研究(39)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(56)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(21)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学、東京工業大学(科学技術英語)非常勤講師 博士(工学)興野 登)

    • 知的財産人材の育成と大学院の役割(1)
      (日本大学大学院知的財産科 教授 加藤 浩)


    【第90号(2012.12)】
    • <巻頭言>
      我々日本人は、世界へ「もの、こと、考え」を伝えるための「文明日本語」
      を第2母語として、持つ必要がある
      (NIPTA理事 日本アイアール株式会社 代表取締役 矢間 伸次)

    • 米国特許判例対訳研究(38)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(55)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(20)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学、東京工業大学(科学技術英語)非常勤講師 博士(工学)興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(61)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS
       第15回知的財産翻訳検定試験<第7回英文和訳>実施報告
       第16回知的財産翻訳検定(和文英訳)のご案内

    【第89号(2012.11)】
    • <巻頭言>
      ご挨拶
      (NIPTA副理事 日本弁理士会副会長 神林 恵美子)

    • 米国特許判例対訳研究(37)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(54)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(19)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学、東京工業大学(科学技術英語)非常勤講師 博士(工学)興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(60)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS 第15回知的財産翻訳検定試験<第7回英文和訳>実施報告

    【第88号(2012.10)】
    • <巻頭言>
      特許権と世紀の発明
      (NIPTA理事 株式会社エイバックズーム 代表取締役 堀部 茂遠)

    • 米国特許判例対訳研究(36)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(53)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 米国特許法改正:その背景と意義(2)
      (オリオンコンサルティング有限会社 代表取締役 米国弁護士

       ジョセフ P. ファラー)
    • 特許明細書における論理性の重要さ(59)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS 知的財産教育研究・専門職大学院協議会の活動とNIPTA

    【第87号(2012.9)】
    • <巻頭言>
      日本の国際的地位の復活を
      (NIPTA理事 株式会社翻訳センター 代表取締役社長 東 郁男)

    • 米国特許判例対訳研究(35)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(52)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(18)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、 東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
        興野 登)

    • 知的財産翻訳検定1級合格体験記
      (第14回知的財産翻訳検定<第8回和文英訳>
       1級「知財法務実務」合格者 特許業務法人深見特許事務所 高田 佳花)

    • NIPTA TOPICS 知的財産翻訳検定過去問題集CD-ROM発行にあたり

    【第86号(2012.8)】
    • <巻頭言>
      グローバル化と知的財産実務家に求められる努力
      (NIPTA理事 特許業務法人深見特許事務所 会長弁理士 深見 久郎)

    • 米国特許判例対訳研究(34)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(51)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(17)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 知的財産翻訳検定1級合格体験記
      (第14回知的財産翻訳検定<第8回和文英訳>
       1級「機械工学」合格者 株式会社翻訳センター 川島 悠一)

    • NIPTA TOPICS 第15回知的財産翻訳検定<第7回英文和訳>試験ご案内

    【第85号(2012.7)】
    • <巻頭言>
      企業活動の変革に対応した知財活動
      (NIPTA理事 名古屋商科大学大学院教授 小林 行司)

    • 米国特許判例対訳研究(33)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(50)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(16)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(58)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS NIPTAのミッション 書中お見舞いを兼ねて
      (NIPTA常務理事・事務局長 浜口 宗武)

    【第84号(2012.6)】
    • <巻頭言>
      特許制度の国際的調和は何処へ
       WIPOでの議論は停滞?
      (NIPTA理事 武和国際特許事務所 弁理士 高見 和明)

    • 米国特許判例対訳研究(32)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)
    • 特許翻訳の現場から(49)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(15)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(57)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS 第14回知的財産翻訳検定<第8回和文英訳>結果報告

    【第83号(2012.5)】
    • <巻頭言>
      特許事務所のQCサークル活動
      (NIPTA理事 特許業務法人オンダ国際特許事務所 会長・弁理士 恩田 博宣)

    • 米国特許判例対訳研究(31)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(48)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(14)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(56)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 知的財産翻訳検定1級合格体験記
      (第13回知的財産翻訳検定<第6回英文和訳1級「知財法務実務」合格者
       特許業務法人深見特許事務所 弁理士 岡 始)

    • NIPTA TOPICS 第9回通常総会開催のお知らせ

    【第82号(2012.4)】
    • <巻頭言>
      改正NPO法とNIPTA
      (NIPTA副理事長 尾上 道雄)

    • 米国特許判例対訳研究(30)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(47)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(13)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 知的財産翻訳検定1級を受験して
      (第13回知的財産翻訳検定<第6回英文和訳>1級「知財法務実務」合格者
       津田 恵)

    • NIPTA TOPICS 2012年度事業計画・暫定予算を承認
       NIPTA11年度第4回理事会

    【第81号(2012.3)】
    • <巻頭言>
      資源としての語学力
      (NIPTA理事 TMI総合法律事務所 弁理士 稲葉 良幸)

    • 米国特許判例対訳研究(29)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(46)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(12)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 意匠登録料及び国際出願に係る手数料改正
      (平成24年4月1日施工)のお知らせ

    • NIPTA TOPICS NIPTAセミナーのご案内 特許翻訳講座−入門編

    【第80号(2012.2)】
    • <巻頭言>
      内国出願低減の要因
      (NIPTA理事 三協国際特許事務所所長 弁理士 小谷 悦司)

    • 米国特許判例対訳研究(28)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(45)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(11)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 超円高時代の知財翻訳業界
      (株式会社サン・フレア 理事長 斎藤 誠)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(55)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS NIPTA facebook 始めました

    【第79号(2012.1)】
    • <巻頭言>
      就任のご挨拶
      (NIPTA理事長 石井 正)

    • 米国特許判例対訳研究(27)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(44)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(10)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(54)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 第14回知的財産翻訳検定 <第8回和文英訳試験>ご案内

    • NIPTA TOPICS 第13回知的財産翻訳検定 <第6回英文和訳>結果報告

    【第78号(2011.12)】
    • <巻頭言>
      ビジネスの裏方:翻訳業を生業として
      (NIPTA理事 株式会社山根ドキュメンテーション 代表取締役 山根 信成)

    • 米国特許判例対訳研究(26)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(43)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(9)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(53)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 知的財産翻訳検定を受検して
       (第12回知的財産翻訳検定<第7回和文英訳>1級「知財法務実務」合格者)
       (特許業務法人深見特許事務所 弁理士 高橋 智洋)

    • NIPTA TOPICS セミナーのお知らせ
      「チェッカーのための〜中国語特許翻訳講座(日中翻訳)」

    【第77号(2011.11)】
    • <巻頭言>
      渚にて
      (NIPTA理事 株式会社野毛印刷社 社長付 北澤 三郎)

    • 米国特許判例対訳研究(25)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(42)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 米国特許法改正:その背景と異議(1)
      (オリオンコンサルティング有限会社 代表取締役
         米国特許弁護士 ジョセフ P. ファラー)

    • 「特許翻訳」の現状と将来(4)
       (株式会社知財翻訳研究所 社長 浜口 宗武)NIPTA常務理事)

    • NIPTA TOPICS 「新理事長に石井 正氏を選任」

    【第76号(2011.10)】
    • <巻頭言>
      雑感 〜知財翻訳の重要性〜
      (NIPTA副理事長 日本弁理士会副会長 杉村 純子)

    • 米国特許判例対訳研究(24)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(41)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 翻訳者のためのPCスキル(12)最終回
      (技術翻訳者 小薗井 薫)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(8)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • NIPTA TOPICS セミナーのご案内 「ヨーロッパ特許実務セミナー2011」

    【第75号(2011.9)】
    • <巻頭言>
      日本翻訳連盟(JTF)翻訳祭について
      (NIPTA理事 株式会社エイブス 取締役社長 阿部 淳一)

    • 米国特許判例対訳研究(23)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(40)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(7)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ (52)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 「特許翻訳」の現状と将来 (3)
      (株式会社知財翻訳研究所 社長 NIPTA常務理事 浜口 宗武)

    • NIPTA TOPICS 「熱海翻訳フォーラム」参加レポート
      (株式会社知財翻訳研究所 社長 NIPTA常務理事 浜口 宗武)

    【第74号(2011.8)】
    • <巻頭言>
      日本語は責任を回避するのに便利な言語である 
      (NIPTA理事 日本アイアール株式会社 代表取締役 矢間 伸次)

    • 米国特許判例対訳研究(22)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(39)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 翻訳者のためのPCスキル(11)
      (技術翻訳者 小薗井 薫)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(6)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • NIPTA TOPICS 第13回知的財産翻訳検定<第6回英文和訳>開催のお知らせ

    【第73号(2011.7)】
    • <巻頭言>
      日本語って何ですか 
      (NIPTA理事 株式会社エイバックズーム 代表取締役 堀部 茂遠)

    • 米国特許判例対訳研究(21)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(38)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(5)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 翻訳特許の現状と将来(2)
      (株式会社知財翻訳研究所 社長 NIPTA常務理事 浜口 宗武)

    • 1級合格に寄せて
      (第11回知的財産翻訳検定<第5回英文和訳>1級知財法務実務合格者 河村裕紀)

    • NIPTA TOPICS 第12回知的財産翻訳検定<第7回和文英訳>結果発表

    【第72号(2011.6)】
    • <巻頭言>
      グローバル化と知財翻訳能力の向上 
      (NIPTA理事 深見特許事務所 会長弁理士 深見 久郎)

    • 米国特許判例対訳研究(20)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(37)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 翻訳者のためのPCスキル(10)−実績のある有用なユーティリティの紹介
      (技術翻訳者 小薗井 薫)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(4)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)

       興野 登)
    • NIPTA TOPICS 海外からの留学生の受け入れについては英語による授業が必須
       (株式会社知財翻訳研究所 社長 NIPTA常務理事 浜口 宗武)

    【第71号(2011.5)】
    • <巻頭言>
      震災後の対応に思う −国際化の中での日本の動き− 
      (NIPTA理事 株式会社翻訳センター 代表取締役社長 東 郁男)

    • 米国特許判例対訳研究(19)
      (国際特許事務所主宰。弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(36)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 語学人材の育成と知的財産言語への意識変遷
      (株式会社インターグループ 専務取締役 前田 正久)

    • 特許明細書における論理性の重要さ (51)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 「特許翻訳」の現状と将来 (1)
      (株式会社知財翻訳研究所 社長 NIPTA常務理事 浜口 宗武)

    • NIPTA TOPICS 第8回通常総会開催のお知らせ

    【第70号(2011.4)】
    • <巻頭言>
      特許審査ハイウェイの発展
      (NIPTA理事 武和国際特許事務所 弁理士 高見 和明)

    • 米国特許判例対訳研究(18)
      (国際特許事務所主宰。弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(35)
      (株式会社トランスプライム 代表取締役 倉増 一)

    • 翻訳者のためのPCスキル(9)
      (技術翻訳者 小薗井 薫)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法 (3)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)

       興野 登)
    • NIPTA TOPICS 第12回知的財産翻訳検定試験<第7回和文英訳>実施報告

    【第69号(2011.3)】
    • <巻頭言>
      東日本大震災について
      (NIPTA理事 特許業務法人オンダ国際特許事務所統括理事 小林行司)

    • 米国特許判例対訳研究(17)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(2)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(50)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 知的財産翻訳検定を受検して
      (第11回知的財産翻訳検定試験<第5回英文和訳>
       1級「知財法務実務」合格者 十河 誠治)

    • NIPTA TOPICS 大災害に関連して
      −第12回 知的財産翻訳検定(4月24日)は予定通り実施−
      (NIPTA常務理事 事務局長 浜口 宗武)
       2011年度事業計画・暫定予算を承認 NIPTA 10年度第3回理事会〜

    【第68号(2011.2)】
    • <巻頭言>
      特許出願件数減少
      (NIPTA理事 特許業務法人オンダ国際特許事務所会長 弁理士 恩田博宣)

    • 米国特許判例対訳研究(16)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(34)
      (株式会社トランスプライム代表取締役 倉増 一)

    • 翻訳者のためのPCスキル(第8回)−翻訳の前の情報調査、翻訳中の情報調査
      「調査は、顧客満足度を高める必須の手段である」
      (技術翻訳者 小薗井 薫)

    • 翻訳というプロセスを客観的に文章に起こしてみて気づいたこと
      (第11回知的財産翻訳検定試験<第5回英文和訳>1級「化学」合格者 古賀 一樹)

    • NIPTA TOPICS 知的財産教育研究・専門職大学院協議会準備会参加報告
      (NIPTA常務理事 事務局長 浜口 宗武)
    【第67号(2011.1)】
    • <巻頭言>
      さらなる科学技術振興を
      (NIPTA理事長 田中コ夫)

    • 米国特許判例対訳研究(15)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(33)
      (株式会社トランスプライム代表取締役 倉増 一)

    • 知財パーソンとしての外国語能力の取得・向上の意義
      〜現役弁理士の取り組み(ただいま進行中)に基づいて(8)
      (新樹グローバル・アイピー特許業務法人 弁理士 渡辺 尚)

    • 科学技術英語に求められる実用的英文法(1)
      (ハイパーテック・ラボ代表
       中央大学(科学技術英語)、東海大学(技術英語)非常勤講師 博士(工学)
       興野 登)

    • NIPTA TOPICS NIPTA主催セミナー
      「特許翻訳における機械翻訳開発の現状と問題点」のご案内

    【第66号(2010.12)】
    • <巻頭言>
      考えることと言語力
      (NIPTA副理事 石井 正)

    • 米国特許判例対訳研究(14)
      (国際特許事務所主宰 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(32)
      (株式会社トランスプライム代表取締役 倉増 一)

    • 翻訳者のためのPCスキル(第7回)−翻訳の前の情報調査、翻訳中の情報調査
       「調査は、顧客満足度を高める必須の手段である」
      (技術翻訳者 小薗井 薫)

    • 特許庁ホームページより
       欧州特許条約規制改正に伴い生じる出願人の義務の免除について

    • NIPTA TOPICS 第11回知的財産翻訳検定試験<第5回>英文和訳結果報告

    【第65号(2010.11)】
    • <巻頭言>
      NIPTAの現状と今後の展望
      (NIPTA副理事 尾上 道雄)

    • 米国特許判例対訳研究(13)
      (国際特許事務所主宰。弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(31)
      (株式会社トランスプライム代表取締役 倉増 一)

    • 知財パーソンとしての外国語能力の取得・向上の異議
       〜現役弁理士の取り組み(ただいま進行中)に基いて〜(7)
      (新樹グローバル・アイピー特許業務法人/弁理士 渡辺 尚)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(49)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 韓国知的財産サービス協会(KAIPS)等と日本知的財産翻訳協会(NIPTA)等との親睦会について

    【第64号(2010.10)】
    • <巻頭言>
      これからの特許翻訳の展望
      (NIPTA理事 狩野 彰)

    • 米国特許判例対訳研究(12)
      (国際特許事務所主宰。弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(30)
      (株式会社トランスプライム代表取締役 倉増 一)

    • 翻訳者のためのPCスキル(第6回)
      〜翻訳の前の情報調査、翻訳中の情報調査
      「調査は、顧客満足度を高める必須の手段である」

      (技術翻訳者 小薗井 薫)
    • 特許明細書における論理性の重要さ(48)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS 非営利活動法人日本知的財産翻訳協会(NIPTA)主催セミナーのご案内
      「特許実務英語の基礎」〜欧州特許出願実務に沿って〜

    【第63号(2010.9)】
    • <巻頭言>
      日本語の限界
      (NIPTA理事 稲葉 良幸)

    • 米国特許判例対訳研究(11)
      (国際特許事務所主宰。弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(29)
      (株式会社トランスプライム代表取締役 倉増 一)

    • 知財パーソンとしての外国語能力の取得・向上の異議
       〜現役弁理士の取り組み(ただいま進行中)に基いて〜(6)
      (新樹グローバル・アイピー特許業務法人/弁理士 渡辺 尚)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(47)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • (第10回知的財産翻訳検定<第6回和文英訳>試験1級「化学バイオ部門」合格者
       肥田 朋子)

    • NIPTA TOPICS 第1回特許情報アニュアルコンファレンス成功裏に終了

    【第62号(2010.8)】
    • <巻頭言>
      手めくり調査と電子検索
      (NIPTA理事 小谷 悦司)

    • 米国特許判例対訳研究(10)
      (国際特許事務所主宰。弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(28)
      (株式会社トランスプライム代表取締役 倉増 一)

    • 翻訳者のためのPCスキル(第5回)
      〜翻訳の前の情報調査、翻訳中の情報調査
      「調査は、顧客満足度を高める必須の手段である」〜
      (技術翻訳者 小薗井 薫)

    • フリー特許翻訳者兼ワーキングマザーと「ワーク・ライフ・バランス」について

       ―翻訳検定合格体験記に代えて―
      (第10回知的財産翻訳検定<第6回和文英訳>試験1級「機械工学」合格者
       平林特許・翻訳事務所 代表 特許翻訳者 弁理士 平林 千春)

    • NIPTA TOPICS 2009年は4%の減少 日本企業の米国特許出願件数

    【第61号(2010.7)】
    • <巻頭言>
      日本語化の技術翻訳はこれからどうなるのでしようか
      (NIPTA監事 株式会社エイブス取締役社長 阿部 淳一)

    • 米国特許判例対訳研究(9)
      (国際特許事務所主宰。弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記) 友野 英三)

    • 特許翻訳の現場から(27)
      (株式会社トランスプライム代表取締役 倉増 一)

    • 知財パーソンとしての外国語能力の取得・向上の意義
      〜現役弁理士の取り組み(ただいま進行中)に基づいて〜(5)
       第3回:リーディングについて
      (新樹グローバル・アイピー特許業務法人/弁理士 渡辺 尚)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(46)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 定年退職後の特許翻訳
      (第9回知的財産翻訳検定<第4回英文和訳>試験1級「化学」合格者
       フリーランス特許翻訳者 豊田 洋一)

    • NIPTA TOPICS 減少続く国内特許出願

    【第60号(2010.6)】
    • <巻頭言>
      平和の希求とNIPTAの活動
      (NIPTA理事/東京工芸大学大学院非常勤講師 北澤 三郎)

    • 米国特許判例対訳研究(8)
      (国際特許事務所主宰 弁理士<特定侵害訴訟代理業務付記> 友野英三)

    • 特許翻訳の現場から(26)
      (株式会社トランスプライム代表取締役 倉増 一)

    • 翻訳者のためのPCスキル(第4回)
      〜翻訳の前の情報調査、翻訳中の情報調査
      「調査は、顧客満足度を高める必須の手段である」〜
      (技術翻訳者 小薗井 薫)

    • 翻訳検定を受けて
      (第9回知的財産翻訳検定試験<第4回英文和訳>1級「知財法務実務」合格者
       石下雅樹法律・特許事務所 弁護士・弁理士 石下 雅樹)

    • NIPTA TOPICS 政府の「新星町戦略」案と知財翻訳
    【第59号(2010.5)】
    • <巻頭言>
      世界で通用する特許明細書(仕様書)を作ろう
      海外への特許出願明細書は彼らの思考スタイルに合わせるしかない
      (NIPTA理事/日本アイアール株式会社 代表取締役社長 矢間 伸次)

    • 米国特許判例対訳研究(7)
      (国際特許事務所主宰 弁理士<特定侵害訴訟代理業務付記> 友野英三)

    • 特許翻訳の現場から(25)
      (株式会社トランスプライム代表取締役 倉増 一)

    • 知的パーソンとしての特許翻訳の外国語能力の取得・向上の意義
       〜現役弁理士の取り組み(だだいま進行中)に基づいて〜(4)
       第2回:特許明細書の性質(その2)
      (新樹グローバル・アイピー特許業務法人・弁理士 渡辺 尚)

    • 知財翻訳検定1級に合格して
      (第9回知的財産翻訳検定試験<第4回英文和訳>1級「機械工学」合格者
       フリーランス翻訳者 森 由紀子)

    • NIPTA TOPICS 中国で初の特許情報コンファレンス(PIAC)

    【第58号(2010.4)】
    • <巻頭言>
      中国知的財産権法令集の出版-翻訳作業と校正作業
      (NIPTA理事/株式会社エイバックズーム 取締役社長 堀部 茂遠)

    • 米国特許判例対訳研究(6)
      (国際特許事務所主宰 弁理士<特定侵害訴訟代理業務付記> 友野英三)

    • 特許翻訳の現場から(24)
      (株式会社トランスプライム代表取締役 倉増 一)

    • 翻訳者のためのPCスキル(第3回)
      〜翻訳作業の前にしなくてはならないこと、原稿のテキスト化とPCへの取り入れ〜
      (技術翻訳者 小薗井 薫)

    • 知財翻訳検定を受検して
      (第9回知的財産翻訳検定試験<第4回英文和訳>1級「知財法務実務」合格者
       深見特許事務所 弁理士 高橋 智洋)

    • 中国版「プロパテント」はあるのか? 事務局長 浜口 宗武
    【第57号(2010.3)】
    • <巻頭言>
      知的財産翻訳と法律実務・技術・語学
      (NIPTA理事 深見特許事務所 会長・弁理士 深見 久郎)

    • 米国特許判例対訳研究(5)
      (国際特許事務所主宰 弁理士<特定侵害訴訟代理業務付記> 友野英三)

    • 知的パーソンとしての特許翻訳の外国語能力の取得・向上の意義
       〜現役弁理士の取り組み(だだいま進行中)に基づいて〜
       第2回:特許明細書の性質(その1)
      (新樹グローバル・アイピー特許業務法人・弁理士 渡辺 尚)

    • 特許翻訳の現場から(23)
      (株式会社トランスプライム代表取締役 倉増 一)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(45)
      (ユアサハラ法律特許事務所/仲吉 洋一)

    • 知財翻訳におけるいくつかの問題点
      (第9回知的財産翻訳検定試験<第4回英文和訳>1級「化学」合格者
       特許業務法人安富国際特許事務所 弁理士 西村 英人)
    【第56号(2010.2)】
    • <巻頭言>
      生産効率化
      (NIPTA理事 株式会社 翻訳センター 代表取締役社長 東 郁男)

    • 米国特許判例対訳研究(4)
      (国際特許事務所主宰 弁理士<特定侵害訴訟代理業務付記> 友野英三)

    • 特許翻訳の現場から(22)
      (株式会社トランスプライム代表取締役 倉増 一)

    • 翻訳者のためのPCスキル(第2回)〜作業環境〜
      (技術翻訳者 小薗井 薫)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(44)
      (ユアサハラ法律特許事務所/仲吉 洋一)

    • 知的財産翻訳検定と私
      (第9回知的財産翻訳検定試験<第4回英文和訳>1級「知財法務実務」合格者
       特許業務法人広江アソシエイツ 特許事務所 安達 友和)

       
    • 「日本知的財産翻訳者育成事業」のその後
      旧先導的貿易投資環境整備実証事業(J-Front)フォローアップアンケートへの回答
       事務局長 浜口

    【第55号(2010.1)】
    • <巻頭言>
      特許制度の現状と今後の展開
      (NIPTA理事 武和国際特許事務所 弁理士 高見 和明)

    • 米国特許判例対訳研究(3)
      (友野国際特許事務所 所長 弁理士<特定侵害訴訟代理業務付記> 友野英三)

    • 知的パーソンとしての特許翻訳の外国語能力の取得・向上の意義
       〜現役弁理士の取り組み(だだいま進行中)に基づいて〜
       第1回:知財外国語能力向上の必要性(その二)
      (新樹グローバル・アイピー特許業務法人・弁理士 渡辺 尚)

    • 特許翻訳の現場から(21)
      (株式会社トランスプライム代表取締役 倉増 一)

    • 知的財産翻訳検定と私
      (第9回知的財産翻訳検定試験<第4回英文和訳>1級「知財法務実務」合格者
       深見特許事務所 弁理士 冨井 美希)

       
    • 知的財産翻訳検定試験を特許庁が後援!

    【第54号(2009.12)】
    • <巻頭言>
      有効な特許を取得するための知財部門の役割
      (NIPTA理事 特許業務法人オンダ国際特許事務所 統括理事 小林 行司)

    • 米国特許判例対訳研究(2)
      (友野国際特許事務所 所長・弁理士<特定侵害訴訟代理業務付記> 友野英三)

    • 特許翻訳の現場から(20)
      (青山学院大学情報工学科講師/翻訳者 倉増 一)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(43)
      (ユアサハラ法律特許事務所/仲吉 洋一)

    • 特許翻訳者のためのPCスキル 〜技術翻訳は調査能力で決まる〜
      (技術翻訳者 小薗井 薫)

       
    • NIPTA TOPICS 【日本弁理士会認定外部機関研修】NIPTA主催セミナーのご案内
      「文字が消える翻訳術」〜特許翻訳に必要な才能・スキルとは?〜

    【第53号(2009.11)】
    • <巻頭言>
      知財翻訳は、日本の産業競争力を支える生命線である。
      (NIPTA副理事長 平成21年度日本弁理士会副会長・弁理士 西島孝喜)

    • 米国特許判例対訳研究(1)
      (友野国際特許事務所 所長 弁理士<特定侵害訴訟代理業務付記> 友野英三)

    • 知的パーソンとしての特許翻訳の外国語能力の取得・向上の意義
       〜現役弁理士の取り組み(だだいま進行中)に基づいて〜
       第1回:知財外国語能力向上の必要性(その一)
      (新樹グローバル・アイピー特許業務法人・弁理士 渡辺 尚)

    • 特許翻訳の現場から(19)
      (青山学院大学情報工学科講師/翻訳者 倉増 一)

    • 信頼される翻訳者を目指して
      (第8回知的財産翻訳検定試験<第5回和文英訳>1級「電気・電子工学」合格者
       フリーランス翻訳者 難波 祥子)

       
    • NIPTA TOPICS
       田中理事長、特許庁長官と懇談 (事務局)
       尾上副理事長「瑞宝小授賞」を受賞 (事務局)

    【第52号(2009.10)】
    • <巻頭言>
      不況が知財に及ぼす影響
      (NIPTA理事 特許業務法人オンダ国際特許事務所会長 弁理士 恩田 博宣)

    • 電子出願が「インターネット出願」に一本化されます(その2)
      (特許庁ホームページより)

    • 特許翻訳の現場から(18)
      (青山学院大学情報工学科講師/翻訳者 倉増 一)

    • 知的財産翻訳検定の実績と今後の取り組み(4)
      (NIPTA常務理事 浜口 宗武)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(42)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

       
    • 知財翻訳検定と市民生活のすすめ
      (第8回知的財産翻訳検定試験<第5回和文英訳>1級「電気・電子工学」合格者
       フリーランス翻訳者 クオリティ翻訳事務所所長 坂井 正明)

       
    • NIPTA TOPICS
       第9回知的財産翻訳検定試験<第4回英文和訳>実施報告

    【第51号(2009.9)】
    • <巻頭言>
      悉皆屋・弁理士・翻訳
      (NIPTA理事 大阪工業大学知的財産学部教授 知的財産専門職大学院教授 石井 正)

    • 常に変貌を続ける業界
      (クロスローヅ有限会社 代表 知的財産翻訳検定試験<1級機械工学>試験委員
       牧師兼翻訳者 エルキンズ・ナタニエル)

    • 特許翻訳の現場から(17)
      (青山学院大学情報工学科講師/翻訳者 倉増 一)

    • 知的財産翻訳検定の実績と今後の取り組み(3)
      (NIPTA常務理事 浜口 宗武)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(41)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

       
    • 知的財産翻訳検定1級合格にあたって
      (第8回知的財産翻訳検定試験<第5回和文英訳>1級「電気・電子工学」合格者
       特許業務法人有古特許事務所 影山 政志)

       
    • NIPTA TOPICS
       去る6月22日開催された第6回通常総会で承認決定された事項に伴う
       法務局、都庁への申請並びに報告事項について(事務局)

    【第50号(2009.8)】
    • <巻頭言>
      英語から日本語への翻訳における落とし穴
      (NIPTA理事 朝日奈特許事務所所長 朝日奈 宗太)

    • 特許明細書翻訳〜和訳の視点から〜
      (知財アカデミー講師 知的財産翻訳検定試験<英文和訳・1級機械工学>試験委員
       特許翻訳者 佐藤 亜古)

    • 特許翻訳の現場から(16)
      (青山学院大学情報工学科講師 翻訳者 倉増 一)

    • 知的財産翻訳検定の実績と今後の取り組み(2)
      (NIPTA常務理事 浜口 宗武)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(40)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 知的財産翻訳検定1級認定を受けて
      (第8回知的財産翻訳検定試験<第5回和文英訳>1級「電気・電子工学」合格者
       特許事務所勤務 鵜野 麻衣子)

       
    • NIPTA TOPICS
       第9回知的財産翻訳検定試験<第4回英文和訳>受験要項

    【第49号(2009.7)】
    • <巻頭言>
      就任のご挨拶
      (NIPTA理事長 田中 コ夫)

    • 国際出願と明細書
      (特許業務法人信友国際特許事務所 代表社員 所長・弁理士 角田 芳末)

       
    • 知的財産翻訳検定1級合格体験記
      (第8回知的財産翻訳検定試験<第5回和文英訳>知財法務実務1級合格者
       特許業務法人快友国際特許事務所 杉浦 万里愛)

       
    • 特許翻訳の現場から(15)
      (青山学院大学情報工学科講師/翻訳者 倉増 一)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(39)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 知的財産翻訳検定の実績と今後の取り組み(1)
      (NIPTA常務理事 浜口 宗武)

    • NIPTA TOPICS 新理事長に田中コ夫氏が就任

    【第48号(2009.6)】
    • <巻頭言>
      知財翻訳の誤訳は国益を損なう
      (NIPTA副理事長 尾上 道雄)

    • 特許分野における機械翻訳の現状と問題(2)
      (財団法人日本特許情報機構<JAPIO> 特許情報研究所 調査研究部
      部長 渡邊 豊英)

       
    • 特許翻訳の現場から(14)
      (青山学院大学情報工学科講師/翻訳者 倉増 一)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(最終回)
      (中央大学(科学技術英語)講師 神奈川工科大学(音響工学)講師/博士(工学)
       興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(38)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS 第8回知的財産翻訳検定試験結果報告

    【第47号(2009.5)】
    • <巻頭言>
      語学能力は、「異能」ではなく、「常能」の時代が。
      (NIPTA副理事長 元日本弁理士会副会長 西郷国際特許事務所 所長 弁理士
       西郷義美)

    • 特許分野における機械翻訳の現状と問題(1)
      (財団法人日本特許情報機構<JAPIO> 特許情報研究所 調査研究部
      部長 渡邊 豊英)

       
    • 特許翻訳の現場から(13)
      (青山学院大学情報工学科講師/翻訳者 倉増 一)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(15)
      (中央大学(科学技術英語)講師 神奈川工科大学(音響工学)講師/博士(工学)
       興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(37)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 特許翻訳の実務体験記
      (第7回知的財産翻訳検定試験 化学1級合格者
       柳田国際特許事務所 翻訳・調査部 星野 拓)

    • NIPTA TOPICS 第6回通常総会開催のお知らせ
       ---日本知的財産翻訳協会 会員の皆様へ---

    【第46号(2009.4)】
    • <巻頭言>
      インフラとしての知的財産
      (NIPTA理事 元日本弁理士会副会長 TMI総合法律事務所・弁理士 稲葉 良幸)

    • 電子出願手続きが「インターネット出願」に一本化されます
      (特許庁ホームページより)

       
    • 特許翻訳の現場から(12)
      (青山学院大学情報工学科講師/翻訳者 倉増 一)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(14)
      (中央大学(科学技術英語)講師/神奈川工科大学(音響工学)講師/博士(工学)
       興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(36)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 知財翻訳検定1級い合格して
      (第7回知的財産翻訳検定試験 機械工学1級合格者
       創英国際特許事務所 特許部門長補佐 名古 裕一郎)

    • NIPTA TOPICS 2009年度事業計画・予算の大枠を承認
       NIPTA2008年度第3回理事会 
       第8回知的財産翻訳検定試験実施報告

    【第45号(2009.3)】
    • <巻頭言>
      ワールドワイドに有効かつ適切な権利化を図るために
      (NIPTA理事 三協国際特許事務所 所長 弁理士 小谷 悦司)

    • 共通出願様式の受付開始について
      (特許庁 特許審査第一部 調整課 審査基準室 大山 栄成)

       
    • 特許翻訳の現場から(11)
      (青山学院大学情報工学科講師/翻訳者 倉増 一)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(13)
      (中央大学(科学技術英語)講師/神奈川工科大学(音響工学)講師/博士(工学)
       興野 登)

    • 知的財産翻訳検定試験を受検して
      (第7回知的財産翻訳検定試験 機械工学1級合格者 深見特許事務所 岡田 敦子)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(35)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS 第8回知的財産翻訳検定試験、受験申込受付のご案内

    【第44号(2009.2)】
    • <巻頭言>
      We can change!
      (NIPTA監事 株式会社エイブス 社長 阿部 淳一)

    • 韓国における特許翻訳の現状及び展望
      (知温コンサルティング株式会社 代表取締役韓国知識財産サービス協会IP翻訳分科理事
       Suk-hoon Choi)

    • 特許翻訳の現場から(10)
      (青山学院大学情報工学科講師 翻訳者 倉増 一)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(12)
      (中央大学(科学技術英語)講師 神奈川工科大学(音響工学)講師/博士(工学)
       興野 登)

    • 中国情報
      〜中国専利法第3次改正法の紹介〜 (北京路浩国際特許事務所)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(34)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS 第8回知的財産翻訳検定試験、受験申込受付のご案内

    【第43号(2009.1)】
    • <巻頭言>
      日本語文章、あるいはその互換性
      (NIPTA理事 日本アイアール株式会社 代表取締役社長 矢間 伸次)

    • 特許翻訳の現場から(9)
      (青山学院大学情報工学科講師 翻訳者 倉増 一)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(11)
      (中央大学(科学技術英語)講師 神奈川工科大学(音響工学)講師/博士(工学)
       興野 登)

    • NIPTAの日中知的財産翻訳育成事業を高く評価
      〜日中知財交流30周年記念シンポジウム開かれる〜
      (NIPTA副理事長 尾上 道雄)

    • 翻訳者の評価向上を目ざして
      (第7回知的財産翻訳検定試験 知財法務実務1級合格者
       安富国際特許事務所 弁理士 西村 英人)

    • NIPTA TOPICS
       ごあいさつ(日本知的財産翻訳協会 事務局次長 関根 勝)
    【第42号(2008.12)】
    • <巻頭言>
      「請求項はなぜ名詞で止めるか」
      (NIPTA理事 株式会社エイバックズーム 代表取締役 堀部 茂遠)

    • 特許翻訳の現場から(8)
      (青山学院大学情報工学科講師/翻訳者 倉増 一)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(33)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(10)
      (中央大学(科学技術英語)講師 神奈川工科大学(音響工学)講師/博士(工学)
       興野 登)
    • 「設」を使った二字熟語と対応英訳(4)
      (株式会社知財翻訳研究所 代表取締役 浜口 宗武)

    • NIPTA TOPICS
       NIPTA、韓国知識財産サービス協会(KAIPS)と「覚書」を締結
       〜KAIPS主催Workshop参加報告(2)〜
      (NIPTA副理事長 尾上 道雄)
       第7回知的財産翻訳検定試験合格発表の報告
       〜2008年10月5日(日)実施、英文和訳1級合格者は6名〜

    【第41号(2008.11)】
    • <巻頭言>
      知的財産翻訳と法律・倫理
      (NIPTA理事 深見特許事務所 所長弁理士 深見 久郎)

    • 特許翻訳の現場から(7)
      (青山学院大学情報工学科講師/翻訳者 倉増 一)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(9)
      (中央大学(科学技術英語)講師/神奈川工科大学(音響工学)講師/博士(工学)
       興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(32)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 「設」を使った二字熟語と対応英訳(3)
      (株式会社知財翻訳研究所 代表取締役 浜口 宗武)

    • NIPTA TOPICS
       NIPTA、韓国知識財産サービス協会(KAIPS)と「覚書」を締結
       〜KAIPS主催Workshop参加報告(1)〜(NIPTA副理事長 尾上 道雄)

    【第40号(2008.10)】
    • <巻頭言>
      時代の流れと作業効率化
      (NIPTA理事 株式会社翻訳センター 代表取締役社長 東 郁男)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(30)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(7)
      (中央大学(科学技術英語)講師 神奈川工科大学(音響工学)講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 知的財産翻訳検定1級合格に合格して
      (第6回知的財産翻訳検定<和文英訳>試験 電気・電子工学1級合格者/
       深見特許事務所 翻訳グループ所属 西原 昌孝)

    • NIPTA TOPICS
       第7回知的財産翻訳検定試験実施報告

    【第39号(2008.9)】
    • <巻頭言>
      出願様式の統一への動き
      特許制度の調和への努力
      (NIPTA理事 武和国際特許事務所 弁理士 高見 和明)

    • 「設」を使った二字熟語と対応英訳(2)
      (株式会社知財翻訳研究所 代表取締役 浜口 宗武)

    • 特許翻訳の現場から(4)
      (青山学院大学情報工学科講師 翻訳者 倉増 一)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(7)
      (中央大学(科学技術英語)講師/神奈川工科大学(音響工学)講師/博士(工学)
       興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(30)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 知的財産翻訳検定1級合格に合格して
      (第6回知的財産翻訳検定<和文英訳>試験 機械工学1級合格者/

       フリーランス合格者 松永 万里子)
    • NIPTA TOPICS 写真館
       日本知的財産協会2008年度 理事会、通常総会

    【第38号(2008.8)】
    • <巻頭言>
      経営に資する知的財産活動について
      (NIPTA理事 特許業務法人オンダ国際特許事務所 統括理事 小林 行司)

    • 特許翻訳の現場から(5)
      (青山学院大学情報工学科講師 翻訳者 倉増 一)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(29)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(6)
      (中央大学(科学技術英語)講師 神奈川工科大学(音響工学)講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 「設」を使った二字熟語と対応英訳(1)
      (株式会社知財翻訳研究所 代表取締役 浜口 宗武)

    • 知的財産翻訳検定1級合格にあたって
      (第6回知的財産翻訳検定<和文英訳>試験 知財法務実務1級合格者/
       いいだ特許事務所 弁理士 上田 千織)

    • NIPTA TOPICS
       第7回知的財産翻訳検定<第3回英文和訳>試験 申込受付中!

    【第37号(2008.7)】
    • <巻頭言>
      小さくともキラリと光る存在でありたい
      (NIPTA理事 双葉電子記念財団事務局長次長 
       東京工芸大学大学院・工学部非常勤講師 北澤 三郎)

    • 特許翻訳の現場から(4)
      (株式会社知財翻訳研究所顧問 青山学院大学情報工学科講師 翻訳者 倉増 一)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(28)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(5)
      (中央大学(科学技術英語)講師 神奈川工科大学(音響工学)講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 機械工学分野の明細書に現れるいろいろな表現(2)
      (株式会社知財翻訳研究所 代表取締役 浜口 宗武)

    • 知財法務に関する仕事
      (第6回知的財産翻訳検定<和文英訳>試験 知財法務実務1級合格者/
       三協国際特許事務所 柏原 奈津子)

    • NIPTA TOPICS
       2008年度事業計画・予算を承認
       韓国知識財産研究院代表団、NIPTAを訪問・交流

    【第36号(2008.6)】
    • <巻頭言>
      外国出願事務の効率化について
      (NIPTA理事 特許業務法人オンダ国際特許事務所会長 弁理士 恩田 博宣)

    • 特許翻訳の現場から(3)
      (株式会社知財翻訳研究所顧問 青山学院大学情報工学科講師 翻訳者 倉増 一)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(27)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(4)
      (中央大学(科学技術英語)講師 神奈川工科大学(音響工学)講師 博士(工学)
       興野 登)

    • 機械工学分野の明細書に現れるいろいろな表現(1)
      (株式会社知財翻訳研究所 代表取締役 浜口 宗武)

    • 知的財産翻訳検定1級合格体験記
      (第6回知的財産翻訳検定<和文英訳>試験1級合格者 沖 省吾)
    • NIPTA TOPICS
      第6回知的財産翻訳検定結果報告

    【第35号(2008.5)】
    • <巻頭言>
      文章力、思考力そして翻訳力
      (MIPTA理事 大阪工業大学知的財産学部 学部長教授 石井 正)

    • 特許翻訳の現場から(2)
      (株式会社知財翻訳研究所顧問 青山学院大学情報工学科講師 翻訳者 倉増 一)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(3)
      (中央大学(科学技術英語)講師/神奈川工科大学(音響工学)講師/博士(工学)
       興野 登)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(26)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)
    【第34号(2008.4)】
    • <巻頭言>
      歴史の中に未来を覗る
      (NIPTA理事 弁理士 朝日奈特許事務所所長 朝日奈 宗太)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(2)
      (中央大学(科学技術英語)講師 神奈川工科大学(音響工学)講師/博士(工学)
       興野 登)

    • 特許翻訳の現場から(1)
      (株式会社知財翻訳研究所顧問 青山学院大学情報工学科講師 翻訳者 倉増 一)

    • 特許明細書翻訳の行方について一考察(その2)
      (株式会社知財翻訳研究所 代表取締役 浜口 宗武)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(25)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS
      理事会、2008年度事業計画・予算を承認−NIPTA'08年度第2回理事会開かれる

    【第33号(2008.3)】
    • <巻頭言>
      NIPTAの現状と今後の展望
      (NIPTA副理事長 尾上 道雄)

    • 技術文書にみる無生物主語構文とその応用(1)
      (中央大学(科学技術英語)講師/神奈川工科大学(音響工学)講師/博士(工学)
       興野 登)

    • ライセンス契約英語の常識−事例に学ぶ−(31)<最終回>
      (知的財産ライセンシングアドバイザー 小高 壽一)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(24)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • 特許明細書翻訳の行方について一考察(その1)
      (株式会社知財翻訳研究所 代表取締役 浜口 宗武)

    • NIPTA TOPICS
      予想を上回る盛況−日本弁理士会研究所委託「知財外国語研修」

    【第32号(2008.2)】
    • <巻頭言>
      “真意”を汲みとる
      (NIPTA副理事長 日本弁理士会副理事長 TMI総合法律事務所 弁理士 稲葉 良幸)

    • 英語翻訳と和文英訳の谷間(8)
      (株式会社知財翻訳研究所顧問 青山学院大学情報工学科講師 翻訳者 倉増 一)

    • ライセンス契約英語の常識ー事例に学ぶー(30)
      (知的財産ライセンシングアドバイザー 小高 壽一)

    • 専利法改正の中国特許制度等への影響 〜中国専利法第三次改正の要点(3)〜 (中国専利代理人 王 継文)

    • Native Technical Editor からのアドバイス(1)
      (Graham Garner)

    • Native Technical Editor からのアドバイス(2)
      (Harvey Buckley)

    • 特許明細書における論理性の重要さ(23)
      (ユアサハラ法律特許事務所 仲吉 洋一)

    • NIPTA TOPICS
      第2回NIPTA主催特許翻訳セミナーのご報告

    【第31号(2008.1)】
    • <巻頭言>
      特許審査ハイウェイを実効あるものとするために
      (NIPTA理事 三協国際特許事務所 所長 弁理士 小谷 悦司)

    • 英語翻訳と和文英訳の谷間(7)
      (株式会社知財翻訳研究所顧問 青山学院大学情報工学科講師 翻訳者 倉増 一)

    • ライセンス契約英語の常識−事例に学ぶ−(29)
      (知的財産ライセンシングアドバイザー 小高 壽一)

    • Native Technical Editor からのアドバイス
      (Harvey Buckley)

    • 侵害訴訟関連規定等を整備 〜中国専利法第三次改正の要点(2)〜
      (中国専利代理人 王 継文)

    • 特許翻訳一考
      (第5回知的財産翻訳検定<英文和訳>試験1級合格者
       (株式会社アビリティ・インタービジネス・ソリューションズ 中野 千佳)

    • NIPTA TOPICS 第2回NIPTA主催セミナーのご案内

    ●バックナンバー第21号-第30号

    ●バックナンバー第11号-第20号

    ●バックナンバー第1号-第10号

    このページのTOPへ

    このウィンドウ・タブを閉じる

    <お問い合わせ>
    特定非営利活動法人(NPO)日本知的財産翻訳協会 事務局
    〒160-0023
    東京都新宿区西新宿6-10-1日土地西新宿ビル7F
    TEL 03-5909-1188 FAX 03-5909-1189
    e-mail:bureau(at)nipta.org ※
    ※迷惑メール防止のため@を(at)と表示しています